ニッチな分野だと思うこんな専門学校

昔、ピアノの調律師がピアニストに間違われる、というドラマがありました。

ニッチな分野だと思うこんな専門学校

昔、ピアノの調律師がピアニストに間違われる

★ 51歳 女性
昔、ピアノの調律師がピアニストに間違われる、というドラマがありました。
ピアノを教える音楽専門学校は多いですが、ピアノの調律を教える専門学校というのは、あまり見かけたことがありません。
調律師がいるのだから専門学校がないわけがない、そう思われた方は大正解です。
かなりニッチな分野ですが、ピアノの調律を教える専門学校がちゃんとあります。それだけでなく、ピアノの塗装まで教えてくれるというのですから、まさにピアノのドクター養成スクールと言っていいかもしれません。
ピアノは、張りつめらた弦で音を出します。この弦は、キツクてもゆるくても良い音を出すことができません。ピアノがどれほど良い音を出せるかは、調律師の腕によります。腕の良い調律師であれば、自分で店を出すこともできますし、ピアノメーカーでものどから手が出るほど欲しがるでしょう。
あまり注目されることのない職業ですが、自分がプロの演奏を支えているのだと思えば、やり甲斐のある仕事だと言えるでしょう。

Copyright (C)2017ニッチな分野だと思うこんな専門学校.All rights reserved.